治療中だけでなく、治療後の痛みにまで対応

ほとんどの方は、ボルトを骨に埋め込むというイメージから、インプラントに「痛い・怖い」という印象をお持ちではないでしょうか?
確かにインプラントの手術は、優れた技術と広い視野をもって望まないと、術中・術後に痛みを伴うリスクも考えられます。
しかしインプラント自体は優れた技術であり、この技術のメリットを最大限に引き出して、今まで痛みが怖かったり苦手でインプラントに踏み切れなかった患者様に満足していただくため、当院では無痛でのインプラント治療を行っています。

無痛治療は全身麻酔とは異なり、ぼんやりとした意識を保ちつつ、呼吸などの生体機能は失われない状態で治療を行います。
また、当院の無痛治療は、「手術中の痛み」の軽減だけに留まらず、術後に起こりうる痛みを予防する事まで予め視野に入れ、治療にあたることで、その「術後の痛み」まで軽減します。

術中の痛みへの対応

術中に痛みが発生する原因

一般的なインプラント手術では局所麻酔を用いて手術を行います。
局所麻酔の場合、手術箇所自体には麻酔が効いているので痛みはありません。
しかしドリルを用いてボルトを埋入するための穴を骨に開ける際、大きな振動や切削音が伴います。局部麻酔では患者様の意識もはっきりしているため、振動や切削音による緊張・恐怖などのストレスを、痛みとして感じるケースがあります。

術中の痛みを軽減するために

静脈内鎮静法

静脈内鎮静法は、点滴により静脈内へ少しずつ薬を投与していく麻酔法で、欧米では小児治療にも使われている安全で一般的な方法です。
この方法は、健忘、鎮痛、鎮静効果が得られる特徴があります。
健忘効果によって、実際よりも処置時間を短く感じます。
また、鎮痛だけでなく鎮静効果によって、不安な気持ちも緩和され、リラックスした状態を保ちます。

これらの効果によって患者様は、麻酔をされているのも、歯茎を切られているのも、骨に穴を空けられているのも分からない状態で、あっという間に終わる様な感覚で治療を受けることが出来ます。
近年では、リラックスして治療するための静脈内沈静法が、インプラント治療においても一般的に広まってきています。
無痛治療グラフ

安全性へのこだわり

当院では麻酔施術を行うにあたって、生体監視モニターを使用します。
この生体監視モニターによって体温、血圧、脈拍、心電図、酸素飽和度など手術中の患者様のお身体の状態を常に把握し、わずかな変化も見逃さないことによって、安全な手術を行います。

術後の痛みへの対応

術後に痛みが発生する原因

1.手術時間

術後に痛みが発生する大きな原因の一つとして考えられるものに、手術にかかる時間があります。
手術にかかる時間が長ければ長いほど、それだけ生体組織の損傷が増えることと、また感染に弱いとされている骨が長時間外界に露出することで術後の炎症を起こしやすくなります。
そして、組織の損傷と感染による炎症は、痛みを引き起こす要因になります。

2.不適切な外科的手技

術後の痛みに関わってくる二つ目の原因として、不適切な外科的手技があります。
歯茎は、上皮、結合組織、骨膜という階層構造になっています。
切れ味の悪いメスを使用し続けると、歯茎を切り開いた際に上皮組織が破壊され、それが骨膜に残ってしまうことで痛みが発生します。
また、切れないドリルを使用し続けると、骨との摩擦が大きくなり発熱量が増えて骨が火傷する「ヒート」という現象が起こります。ヒートを起こしてしまった場合、術後一週間ほどズキズキとした痛みが発生することになります。

3.感染

感染は、衛生管理を怠った手術器具や手術室によるオペ、口の中の衛生環境を整えないままオペを行ってしまうことで引き起こされます。
患部が細菌やウイルスに感染して炎症を引き起こすことで、痛みや熱が発生します。

術後の痛みを軽減するために

1.患者様には、予め起こり得ることをご説明します

どなたであっても、聞いたことが無い、知らない事が自らの身に起こると不安になるものだと思います。
そのため当院では、患者様が術後にご不安を感じられないように、事前に手術後起こり得ることをご説明させていただいております。(術後にどの程度の腫れが出ます・この様な症状が出ます、等) 腫れや出血への不安を払拭していただき、安心して手術に臨んでいただけるようにするためです。

2.フラップレス治療の実施

フラップレス治療とは、歯茎を切って開かずに行うインプラントです。
上皮、結合組織、骨膜のうち、骨膜は骨と接触し、そこに神経が集合している構造になっています。
つまり、骨膜に傷を付けなければ痛みは発生しません。
一般的なインプラント治療法ではメスを使っての切開や剥離、縫合を歯茎に対して行うため、骨膜に傷を付けてしまう可能性があります。
しかし、フラップレス治療は歯茎を切開しないため、骨膜に傷を付けるリスクがなく、術中術後の腫れや痛み、出血がほとんど無く治癒が早いというメリットがあります。
なお、フラップレス治療を行うには、患者様の骨の量が十分にあることが前提となります。

フラップレス治療の流れ

1.手術前に「ステント」と呼ばれる仮の歯を装着して、CT撮影。骨と神経の位置を確認します。

2. 「ティッシュパンチ」という器具で、歯茎に穴を開けます。

3.歯茎に開けた穴からドリルで骨を削り、インプラントを埋入します。

4.インプラントに人工の歯を取り付けます。

3.感染への対策

当院では、手術は患者様が来院される前から始まっていると考え、手術室の手術台、床などの消毒、滅菌処理を2時間前から行います。
口の中を完全な無菌状態にする事は現実的には困難ですが、当院では感染症対策としてインプラントの術前に、口の中の細菌を極限まで減らすため、歯周病や虫歯のある患者様にはその治療を先に行ってからインプラント手術に臨みます。
また、術前にクリーニングを行い、手術の1時間前に抗生剤を患者様に投与します。
術後の感染症対策には、1週間分の抗生剤と、5回分の鎮痛薬を処方させていただき、慎重に経過を観察します。

無痛治療の流れ

1.来院
2.体調の確認
3.抗生剤を飲んで頂きます。
4.口腔内の清掃・消毒
5.お手洗いはこの段階で済ませて頂きます。
6.口腔外の清掃・消毒
(口腔内外の清掃・消毒に合計20分)
7.オペ室へ移動
8.麻酔医から問診
9.認定医資格を持つ麻酔医が担当(10分)
10.静脈路確保
11.点滴を開始
→ミタゾラムプロポフォールを投与
→静脈麻酔
12.局所麻酔
→意識がないので局所麻酔を行われている事も分かりません。
13.インプラントを入れる
14.ミタゾラムプロポフォールの投与停止
→30分ぐらいで回復します。
15.ふらつきの有無確認
16.レントゲン撮影
17.手術の状態の説明
18.術後の注意事項の説明

麻酔前の注意点

・風邪などで体調が優れない場合は、事前にご連絡下さい。
・処置当日は、処置開始4時間前から飲食はお控え下さい。これは、処置中に嘔吐した場合、嘔吐物が気管へ流れ込むのを防ぐためです。
・処置当日は、締め付けの少ない楽な服装でお越し下さい。モニターの誤作動の原因になりますので、ストッキングの着用はお控え下さい。
・全身状態を正確に把握するために、化粧、マニュキュアは落としてください。
・処置中はコンタクトレンズ、時計、貴金属等は外してください。
・車、バイクなど、ご自身で運転する乗り物でのご来院は避けてください。公共交通機関をご利用頂くか、付き添いの方による送迎をお願い致します。
・帰宅後、再び眠気やふらつきが出ることがあります。その際は、無理をせずに横になってお休み下さい。

患者様の声

インプラントの治療は静脈注射でしたので全く苦痛もなく終了しました。事前にきちんと先生から説明を受けていましたので安心して治療に臨むことができたと思います。

M.Sさん 東京都墨田区 36歳 女性

私がこちらのクリニックを知ったのはある雑誌からでした。幼少の頃より歯には悩まされていましたので興味を持ち受診しました。

まず、治療の前のカウンセリング、治療料金の提示によりこれでやれるかどうか、自分自身で納得した上で治療開始されました。私の場合は前歯でしたので若い頃より歯に対してはコンプレックスを持っていました。子育ても終わり、自分の事ができる年代になり思い切って、インプラントにする事に決めました。
周囲の人の話を聞くとインプラントに対するマイナス面もありましたがそれに関する本を読んだり、疑問点は先生や歯科衛生士さんに聞きました。

インプラントの治療は静脈麻酔でしたので全く苦痛もなく終了しました。事前にきちんと先生から説明を受けていましたので安心して治療に臨むことができたと思います。患者のストレスは治療効果を下げる一番の原因です。先生を信頼すると共に親切な歯科衛生士さんの存在は大きいです。

現在は定期的なメンテナンスと教えていただいたブラッシング方法で毎日歯をみがき一日を終えます。
歯の病気は全身の病気にも大きく関わっていく恐いものですので、これからも歯を大切に健康に気をつけていきたと思っています。
今後もよろしくお願い致します。