50代女性、インプラント

インプラントが必要となる最大の原因は歯周病です。歯周病は歯と顎骨の結合組織が破壊され、最終的には歯が抜け落ちてしまいます。このような状態では歯肉も退宿してしまっているケースも多く、審美性と予知性の問題を解決するために歯肉を造成した後、インプラントを埋入するという手法が有効です。

50代女性、歯肉造成写真 この写真は歯肉の造成を行なった後の写真です。
治療前の写真がなかったので効果が分かり辛いかも知れませんが治療前とは大違いです。

下はインプラント埋入後の症例写真です。インプラントが的確に埋入されるとともに歯肉も補われ、審美的な回復がなされました。噛みあわせもほぼ完璧です。

埋入写真

技工物は患者さんのご希望に合わせて作りますが、このケースでは周りの歯との調和を図り、どれがインプラントか分からないまでになっています。ヨーロッパではこのケースのように年齢に合った調和の取れたデザインが人気です。