歯科技工士マイスター 大畠一成

歯科技工士マイスター 大畠一成

Zahntechnikermeister(ドイツ歯科技工士マイスター)
(社)日本歯科技工士会公認講師
(社)日本歯科審美学会評議委員
イタリア/フランス歯科審美学会講師
3i IMPLANT 公認講師(アメリカ)
AGC GRUPPE 公認講師(ドイツ)
有限会社デンタル・ラボア・グロース 代表取締役

歯科技工士として世界的に活躍するとともに、インプラントを始めとして歯科医院の技術向上のための活動も行なう。

大畠一成の技工所 GROSS

21世紀の先端モデルラボにも選ばれたGrossとの技術協力が長持ちする、快適な、美しいインプラントを実現します。

症例をもっと見たい方は…
デンタル・ラボア・グロース公式サイト

歯科技工やドイツの歯科医療については…
Gross dental information 歯科論文集

技工ラボ内写真

大畠一成 略歴

1985年3月 渡独 Dental Studio GmbH Rolf Herrmamにてチーフマイスター兼副社長

1988年 GFA マイスタースクール デュッセルドルフ入学

1989年 St.Moritz Zahntechniker Kongress (スイス)インストラクター、 Berliner Zahntechniker Tag(Quintessenz社,Berin)インストラクター

1989年 日本人として初のマイスター称号取得

1993年 フランス国際歯科審美学会インストラクター(ドクターコース)、 イタリア国際歯科審美学会インストラクター(ドクターコース)

2000年8月 帰国後 渋谷にて”Dental labor GROSS”を開設