インプラントの歴史的背景

近代インプラントの歴史は、1952年にスウェーデンの医師ブローネマルクによる骨結合の発見に始まります。 人間の体は異物を入れるとそれを体外に排出しようと働く性質を持っています。そのため、歯の変わりに何かを顎の骨に入れたとしても抜け落ちてしまうのです。
しかし、生体に対して不活性なチタンと呼ばれる金属を歯根の変わりに植えると顎の骨とチタンが結合することが発見され、インプラントが可能となったのです。

とはいえ、インプラントが様々な研究を経て現在のような安全性や実用性を確立するまでには紆余曲折がありました。
一部では人工サファイアを使用したインプラントが行なわれたことが問題になりインプラントへのイメージを悪化させました。
また現在のような骨の解析やシュミレーションが行なえないことから、インプラントの挿入深度、角度などの正確性は劣っていたと考えられます。

どのような技術もそうですが、インプラントも多くの失敗や成功を繰り返しながら進化を続けています。
現在、安全性が確立されたとはいえ、それをいかに実践出来ているかが問われています。
また、いかに早く、美しく、快適な治療を行えるかという点で更なる研究の取組みが進んでいます。