>






顧問 Dieter Lingweiler & ドイツ提携ラボ紹介

顧問 Dieter Lingweiler & ドイツ提携ラボ

当院では、国内での大畠氏のラボ:GROSSとの提携の他、ドイツのDieter Lingweiler氏の技工ラボ:デンテックリングバイラーとも提携し、歯科医療先進国であるドイツの最新技術を患者様に提供することが可能です。

技工ラボ:デンテックリングバイラーの紹介

  • ドイツにおけるラボ、所謂、「歯科技工所」の設備構造基準は厳しいものです。
    その中で、環境、設備、そして人間工学など様々な角度から考察した上で出来上がったのがこのラボです。
  • ドイツそのものの文化、政治、経済などにおける、発想の角度の違いが綴じ込まれています。
    下の写真のように、機能を重視したデスク、セラミックス築盛用のデスク、各デスクにモニターが装備され、患者さんのお口の画像を観察しながら製作することが出来ます。
  • 患者さんのお口を直接観察し、歯の色調、形態などの分析に使用する部屋もあります。

技工ラボ内写真

Dieter Lingweiler略歴

Zahntechnikermeister(ドイツ歯科技工士マイスター)
date of birth: 20.12.1962

1968-1979
school education, Hauptschule Kaarsterstr., Neuss

1979-1983
training to dental technician, Dental-Labor Horst Brandel, Neuss

1984-1985
basic military service

1985-1986
dental technician for ceramics at dental laboratory Horst Brandel, Neuss

1986-1990
dental technician for ceramics at dental laboratory Willi Pannhausen, Monchengladbach

1987-1990
master-course of dental technician at Meister SchuleDusseldorf
chief-teacher Horst Grundler

1990-1991
direktor of laboratory at practice Dr. med. dent. Henneke, Viersen

since 1992
self-employed master of dental technology,
Denthetik Lingweiler